夜逃げの実態


  夜逃げの本当のところ教えます

消えない借金問題

夜逃げしても無くならない借金。
後回しにしても、今後必要な時にローンが組めなかったり
分割払いのケータイでさえも購入出来なくなることもあります。

自分が作ってしまった問題ですから、
結局いつかは向き合わないといけません。
夜逃げは一時的に状況から逃れられるだけで生活の所々で
障害は出てきてしまうのです。

では、借金問題で夜逃げせずにその状況を
乗り切る手段は無いのでしょうか。

借金の時効ということを聞いたことはありますか?
個人から借金した場合10年、法人の場合は5年。
この期間で事項が成立するので5年間逃げ切れば借金帳消し!
とお気楽に過ごしていて、借金から逃れた人もいるようです。
(参考)http://消費者金融の時効.com/

ですが、こんなことはごく稀だと認識しておいたほうがいいです。
ほとんどの場合こんなことはありえないでしょう。
まず、5年間だったら海外に逃亡も考えるでしょうが、
海外に出た時点で時効は成立しません。
それに海外に逃亡しても金融会社に情報が流れて、
海外まで追いかけてこられることもあるそうですよ。
かといって国内で息をひそめて5年間生活をやり過ごしたところで
金融会社が債務整理をきちんとしていた場合、時効は成立しないのです。

では、どうすれば?
1番に弁護士に相談してください。
お金が無くても無料で相談に出来る機関もありますし、
法律に守られることでいくら借金があっても普通の生活が保証されます。
夜逃げの前にまずは債務整理の弁護士に相談です。
お忘れなく。







MENU

夜逃げのその後…

借金、DV、ストーカー…

夜逃げ業者がしてくれること

消えない借金問題

夜逃げのルール

自殺問題



Copyright(C) 2010-2014 夜逃げの実態 All rights reserved.