夜逃げの実態


  夜逃げの本当のところ教えます

夜逃げのその後…

夜逃げをして一番大変なのは夜逃げをした後です。

借金やDV、ストーカーから一時的に逃れたとしても、
いつ見つかるのか、という恐怖と不安で毎日生きた心地がしません。
なかにはストレス障害を抱えてしまう人も多いようです。


最近よくニュースでとりあげられている「戸籍のない子供」というのをご存知でしょうか?
戸籍のない子供たちは、今この日本に2000人以上存在すると言われています。

なぜ、戸籍がないのでしょう?

それはその子供たちの親が借金やDV被害などから逃れるため夜逃げをしたからです。

夜逃げ後に出産をしても、
自分の存在を相手にばれないようにするために、
住民票をうつしたり、出生届を出すことをしないのです。

出生届がない子供たちは、公的に存在を認められていません。
もちろん日本国民全員に届く、小学校就学通知などもありません。
学校に行く機会さえも奪われた子供たちは、
普通に受けられるはずの教育すら受けることもできないのです。

また自分の存在をばれることを恐れて、
働く場所が限られてしまうケースが多いです。

一難去ってまた一難というように、夜逃げでその時の災難から逃れても、
また次は金銭的な苦労をしたりと、光はなかなかみえてこないのが現状です。

もしお金がどうしても必要な時は、
キャッシング実質年率で低い順に比べたったのようなサイトを参考にして、
少しでも毎月の返済を少なくすることが重要です。

夜逃げは一時的な逃避であり、負のスパイラルとして、
家族や周りの人にも大きな被害があることを知っていてください。





MENU

夜逃げのその後…

借金、DV、ストーカー…

夜逃げ業者がしてくれること

消えない借金問題

夜逃げのルール

自殺問題



Copyright(C) 2010-2014 夜逃げの実態 All rights reserved.