夜逃げの実態


  夜逃げの本当のところ教えます

夜逃げのルール

夜逃げ準備のルールを色々検索して
管理人なりにまとめてみたので書き出してみます。

●夜に逃げない
夜逃げって夜に逃げるから夜逃げでしょ?って思われるでしょう。
ですが現代は違うみたいです。なぜかというと
街灯やコンビニの増加で夜でも明るいからです。
ただ夜は明るいとはいえ、
人通りは少ないのでとても人目に付きやすいようです。
夜中に下手に動くより、夕方の帰宅ラッシュのタイミングに
まぎれてしまうというのがコツみたいです。

●荷物は手で運べる分だけ
家具や食器などは新しく用意するのがベストでしょう。
そんなことよりもフットワーク軽くいることのほうが重要になります。
必要最低限をコンパクトにまとめましょう。

●段ボールをスーパーで集めない
たくさん段ボールを近所で集めたりすると
引越し準備をしていることがバレてしまう可能性があります。
引っ越し業者に段ボールだけ貰うのが良いかもしれません。

●ゴミを捨てない
何でもないゴミの日にゴミをたくさん出してしまうと
荷物を整理しているのがバレて夜逃げが見つかってしまうかもしれません。

●転送届や住民票の変更をしない
住民票は他人でも債務請求であれば開示が可能なんです。
それで夜逃げ先が判明してはなんの意味もありません。
転送届も出してしまうと新住所がバレる可能性が高いです。

●子どもには夜逃げ実行寸前まで言わない
これは残酷に感じますが、仕方ありません。
友達に話してしまうことを考えると黙っておいたほうが
結果的には子どものためになります。

つらつらと夜逃げのコツを書きましたが、
何度も言います、管理人は決して夜逃げを推奨していません。






MENU

夜逃げのその後…

借金、DV、ストーカー…

夜逃げ業者がしてくれること

消えない借金問題

夜逃げのルール

自殺問題



Copyright(C) 2010-2014 夜逃げの実態 All rights reserved.