夜逃げの実態


  夜逃げの本当のところ教えます

自殺問題

現代に蔓延る借金、ストーカー、DV問題。
これらのことで自殺を考えてしまう方も少なくないはずです。
実際に日本では、1日100人の人が
自殺しているという統計が出ています。

今回は日本の自殺問題について少しお話します。

日本は何故、先進国で住みやすい環境にも関わらず
自殺大国になってしまったのでしょうか。
自殺率の少ないアメリカと日本を比べてみました。

まず、国民性から大きな違いが見られます。
アメリカはとてもポジティブな国で
他人からの評価は気にせずわが道を行く人がとても多いです。
それと対照的に日本はネガティブで
周りの評価を気にする人がとても多いです。
無理な要求をされても断れないイエスマンがとても多く、
会社や組織などでストレスを溜めやすいのです。
また、追い込まれたとき日本人はあっさりと死を選ぶ人が多いのに対し、
アメリカ人はなんとしても生き残るために犯罪を選ぶ人が多いそうです。
自殺率は高いが犯罪率の低い、日本。
自殺率は低いが犯罪率の高い、アメリカ。
まるで対照的ですね。

また、宗教が身近であるかどうかも
関係しているのではと言われています。
日本人はほとんどの国民が無宗教では?と思われるほど
日々宗教のことなど考えずに過ごしています。
比べてアメリカでは生活の一部に宗教があり、
アメリカ人が信仰している宗教の多くが自殺を否定しています。
それに比べると仏教は死が美徳という考えもあるので
アメリカに比べると日本では自殺への抵抗がないのでしょう。

自殺率が減っても犯罪が増えたら意味はないですが、
アメリカ人のようにポジティブな考えや自己主張が
今の日本人には必要なのかもしれません。

出来ないことは断る、
勇気を出して発言する。
ということで少しでも日本から自殺が減ればいいですね…






MENU

夜逃げのその後…

借金、DV、ストーカー…

夜逃げ業者がしてくれること

消えない借金問題

夜逃げのルール

自殺問題



Copyright(C) 2010-2014 夜逃げの実態 All rights reserved.